【VSIメソッド】腹式呼吸にこだわらない!

 

 

校長の東です。

 

ナナイロミュージック独自のボイトレメソッド

 

【VSIメソッド】

 

 

このメッソドに沿って、各講師はレッスンを行なっているわけですが、

 

【VSIメソッド】での呼吸について、一部を解説したいと思います。

 

【VSIメソッド】は、

 

◆Vocalization(発声)

◆Singing(歌唱)

◆Impression(感動)

 

大きくこの3つの柱に分かれています。

 

呼吸、呼吸法は、『Vocalization』の中の項目に含まれています。

 

 

呼吸、呼吸法といえば、声を出す上でとっても有名なのが

 

「腹式呼吸」です。

 

 

伝統的にというか、当たり前にというか、

「腹式呼吸」は、基本中の基本で、絶対必要と疑いなく考えがちです。

果たして、本当にそうでしょうか?

 

 

【VSIメソッド】では、

「できた方がいい」程度で捉えています。

 

 

実際のレッスンでも、レッスンを始めたばかりの時期を除いては、「腹式呼吸」をメイン行うことはかなり少ないと思います。

 

 

「腹式呼吸ができるから、◯◯ができる」

「腹式呼吸ができていないから、◯◯ができない」

 

こういうことは、ほとんど無いからです。

 

 

高い声も、

声量がありハリのある声も、

直ぐに喉が疲れるのも、

息がもたないのも、

 

ほとんど「腹式呼吸」と関係ありません。

 

 

それぞれの問題には、

喉の筋肉群や共鳴腔など

様々な要因が複合的に絡んでいます。

 

その中に、もちろん呼吸は含まれますが、

「腹式呼吸」が大きな問題になるということは、

ほとんどありません。

 

 

目指す目標に向かって発声が効率的になってきた際、

吸う息(吸気)

吐く息(呼気)

が、最適化されてくるので、無駄がなくなり「腹式呼吸」っぽくなります。

 

 

逆に・・

 

「腹式呼吸」を使って、ある一定の発声の感覚をつかむエクササイズで

「腹式呼吸」を使用することがあります。

 

 

 

歌唱においても、ポピュラーミュージックでは、

「腹式呼吸」は、あまり気にしなくても良いでしょう。

 

むしろ「腹式呼吸」を気にするがあまり、

不自然な発声、

個性を失いがちな発声、

自由さを失った歌唱表現に陥ることが多々あります。

(昔の私もその一人でした・・・)

 

これは、「腹式呼吸」を重要視する、伝統的な発声理論の

最も大きな弊害と言っていいと思います。

 

 

事実、皆さんが好きなアーティストが、LIVEで歌っている動画を、動画共有サイトなんかで見てみてください。

 

どれだけの、プロが「腹式呼吸」を実践している

または、実践できてきるでしょうか?

(息継ぎの時、肩が上がる、胸が上がる。これらは、完璧な腹式呼吸ではありません。時間があるときにでも、チェックしてみてください。)

 

あまりにも、大きく息を吸い込みすぎることが、発声や歌唱の問題になっている場合は、「腹式呼吸」を使って、呼吸の最適化を図る場合があります。

 

が、あくまで、エクササイズのツール・・・として「腹式呼吸」を利用しているに、過ぎません。

 

 

 

 

【VSIメソッド】における、「腹式呼吸」

 

「できないと駄目!」

 

ではなく、

 

「できた方が良い」

 

このようなスタンスなのです。

 

 

 

ボイトレを頑張っている皆さん。

「腹式呼吸」から自由になりましょう。

 

 

 

他にも、「腹式呼吸」にこだわる必要がない理由は、あるのですが、今回はここまで。

 

【VSIメソッド】については、また紹介をしていきますので、興味のある方は、ぜひ次回もご覧ください!

 

 

 

【VSIメソッド】の記事のアーカイブは → コチラ!

 

【VSIメソッド】を学ぶ

「ボイストレーナー養成コース」の詳細は → コチラ!

 

 

Written by 東 幸太朗