【ガチレッスン Part.5】動画の徹底解説!

 

さて、「アイノカタチ / MISIA」を攻略している、

 

【ガチレッスンシリーズ】ですが、いよいよサビに突入しました。

 

またまた、詳細の解説をしていきます。

 

 

サビは、「Part.5(前編)」「Part.6(後編)」と、2つのパートに別れています。

 

まずは、「Part.5(前編)」の解説から!

 

 

 

①ウォームアップ→0:23〜

 

そのままウォームアップです。

 

ここでは、一つ重要なことを念頭に置いてウォームアップをしています。

 

 

ワタナベさんは、基本的に声を大きく出しすぎて歌う傾向があるため、

 

声帯が分厚く、呼気(吐く息)が強い状態になりにくくなるように、準備運動をしています。

 

 

なお、ウォームアップの内容は、人によって異なります。

 

 

 

 

②サビ初歌い→0:40〜

 

ワタナベさんが、撮影を意識してしまい、緊張しているようでしたw

 

何度か、歌い直し・・・

 

力んでしまい、頑張って練習してきたビブラートがかけられない様子です。

 

そのせいで、語尾の処理が上手くいかず、中々納得できなかかったのでしょうか。

 

本人的には、ちょっと違うかもしれませんが・・・

 

 

 

ただし、良い点もありました。

 

音域的、メロディー的、サビであるという意識的に、

 

声を大きく出して歌いがちなところですが、割とすんなり歌えています。

 

以前、サビを歌ってもらった時は、全体を声を張り上げてしまい、一定の高さから裏声にひっくり返っていました。

 

そのことを考えると、とても上手になったと思います。

 

 

 

 

③Bメロディーラストから、サビ頭→3:14〜

 

Bメロディーラストの手前でブレス(息継ぎ)をして、一気にサビに入ります。

 

動画では、サビ入りの際に少し間ができてしまうのを、改善しています。

 

実は、このポイント、ワタナベさんはどうも苦手なようです。

 

 

少し、細かいことですが、Bメロディーまで8分音符メインのメロディーだったのですが、このサビの頭は急で16分音符になります。

 

この切り替えが上手くいかないのでしょう。

 

 

「Part.6(サビ後編)」のまとめで、通して歌うところも、ここがもたついています。

 

そこまで難しいポイントではないので、練習すればすぐに改善できると思います。

 

こういうポイントは、無自覚なままの方が多いので、自分はどうなっているか、注意してくださいね。

 

 

 

 

 

④クレッシェンドと子音の発音→4:07〜

 

「Part.5(前編)」で、もっとも苦戦したところ。

 

「♪大好きだよ〜」の頭の音程が、低くなりそこから徐々に高くなります。

ここは、音程の通りに、一旦、声質を深めにし、そこから音程が高くなるに連れて、少しずつ声を前に出していきます。

 

これは、割とすんなりできるのですが、

(声を大きく出しすぎる人には、難しいので練習の成果ですね♪)

 

 

この後・・・

 

 

「大好き・だよ」という感じに、流さないようにフレーズラストを処理します。

(文章で伝えにくいので、動画のデモンストレーションを参考にしてください。)

 

ここが大苦戦。

 

 

実は、何気に難しいポイントなんです。

 

動画内ででは、難しくなりそうだったので解説せずに、見ようみまねで練習していますが、ここでポイントになるのは「子音」の処理です。

 


大好き

[daisuki dayo]


 

赤くマーカーを付けた所を練習しているのですが、

 

ローマ字の方で、考えていきます。

 


①[daisuki dayo]

②[daisuki dayo]


 

日本語では、①のように言葉を解釈しますが、

 

このポイントでは、②のように考えます。

 

[d]の発音を個別で捉えて発音する(子音を粒立ち良く発音する)必要があります。

 

日本語に、この感覚は無いため、苦戦する方が非常に多いです。

 

ノリがない、抑揚がない、真っ直ぐな歌になってしまう人は、大体この問題を抱えています。

 

 

これを解消する練習方法は、いくつか存在するのですが、動画内ではひたすら「見ようみまね」で通しましたね。

(切るという意識が強くなり、ブレスをしてしまう方向になってしまいました。)

 

 

チャンスがあれば、また子音のことについて紹介したいと思います!

 

 

 

 

⑤裏声→地声の移行とポルタメント→5:45〜

 

本人的にも難しいポイントだったらしいのですが、割とすんなりクリアできました。

 

この曲を歌ったことがある人なら、「難しい・・・」と、感じるポイントではないでしょうか?

 

この曲で、裏声から地声に戻ってくるフレーズを歌うには、ちょっとしたコツがあります。

 

動画内で練習している通り、

 

 

「コーコーロー」ではなく、

 

「コゥコーロー」という風に歌い、

 

メロディーをポルタメント(音程を滑らかに移動する)させると、一気に歌い易くなります。

 

 

この部分だけを個別に抜き出し、練習するとイイ感じクリアできると思いますよ♪

 

 

 

 

さて、いかがだったでしょうか?

 

動画と解説が、少しでも、皆さんのお役に立てば、嬉しいです!

 

 

 

すでに、サビの後編「Part.6」は公開済みです。

 

そちらの解説コラムも、公開いたしますのでお楽しみに!

 

 

 


ボイトレ無料体験レッスン

受付中

 

 キッズボイトレはじめました!

 

お問い合わせ・お申し込みは

コチラから⇒ホームページ

 

ボイトレ無料体験レッスンへ、お越しください 😀 

みなさまにお会いできること、楽しみにしております