日本でゴスペルを歌う

クリスチャンの人口が1%未満の日本でも、ゴスペルを歌う人は今もなお、宗教を超え増え続けています。

なぜ、増え続けるのか?

ゴスペルの歌の向こうに一体何があるのでしょうか?

歌えばすぐに分かる!ゴスペルの魅力!

楽しい

ストレス解消

リフレッシュ

リラックス

出会い

気持ちの解放

自己表現

自分の居場所

感謝の心

笑顔

一体感/ONE VOICE

感動

感動

喜び

幸せ

etc…

出会い / 人との繋がり

学校を卒業して大人になるにつれ、他人と心を合わせ、声を合わせ歌う経験はあまり持てなくなります。

SNSなどの、オンラインでのコミュニケーションが当たり前の時代に、定期的に顔を合わせて、コンサートやLIVEに向けてクワイアが一丸となり、各パート、メンバー同士も親密になってレッスンやリハーサルを重ねていく。

ゴスペルクワイアというスタイルは、孤独になりがちな現代人に、生のコミュニケーションと貴重な横の繋がり、人と繋がるということを教えてくれます。

ゴスペルには希望がある

SNSなどのオンラインコミュニケーションが当たり前で、孤独になりがちな日本の現代社会。

車やバック、物では満たせない何かを抱え、生きにくさを感じている人がたくさんいます。

 

ゴスペルは、希望「HOPE」を歌っている音楽です♪

ゴスペルを歌うと勇気付けられ、疲れていても元気になる。

アメリカでゴスペルを歌っている黒人達と全く同じ。

ゴスペルは、辛い状況の中でも、なんとかやっていくためのサバイバルの道具。

 

ゴスペルには、希望「HOPE」があります。

そこが、日本人にも当てはまり、宗教を超えてゴスペルを歌う人が増え続けている理由の一つです。

 

日本で、ゴスペルを歌うということは、とても当たり前のことなのです。