【おとなクラス】西村先生のレッスン日♪

 

ナナイロのゴスペル

おとなクラスでも、

曜日や時間の編成を行いました。

 

 

それに伴い、

月に1度、おとなクラスでも

西村先生のレッスンを受けられるように設定しました。

 

詳細は⇒コチラの記事へ

 

そして先週は、3月の西村先生のレッスン日でしたので、

ちょっとレポートします♪

 

 

 

ゴスペル主任・西村先生と大人クラス担当・小島先生

 

この日は、体験レッスンの方が2名いらして

西村先生のニシムライズムの説明からスタート♪

 

「恥ずかしがらない」

「楽しむ」

「リズムを感じましょう」

 

そんな話を、いつものように

分かりやすく、楽しく話してくれました 😀 

 

 

私たちも、何度も聞く話ですが、

あらためて、

 

ゴスペルを始めて、良かったな・・・♡

 

西村先生、小島先生に教わることが出来て、良かったな・・・♡

 

 

と、話を聞く度に思います 😀 

 

 

 

 

最初の発声練習では、

ゴスペル曲では、転調するところが多いが、それは、何故か」

 

という話も、

とても面白かったです!

 

 

そして歌うこととは』という話も・・・

 

歌うから楽しくなるんじゃなくて、

 

自分が歌った歌が、みんなに届いて、

 

みんなが何かを感じてくれる、その反応だったりを、

また自分が感じることで、

 

歌うことの喜びになる。

 

 

 

というような話しも、なるほど~!と納得!!

 

 

自分だけで歌って楽しむのも、もちろんアリだけどカラオケとか)

 

『歌を届けること』

ここを意識すること。

 

とくに、ゴスペルは、

『自分の償いであったり、喜びであったりを、歌にして、神様に届けるもの』

 

そういった気持ちで歌って下さいね、という話しでした。

 

 

 

まだまだ歌に気持ちをこめるところまでいけていないので 🙁 

 

自分の気持ちの持っていきかた、表現が、大事なんだな~と、

またまたゴスペル奥の深さを知りました。

 

 

ミーティングは、真剣です・・・!

 

 

この日は、5月のステージに向けて

西村先生に歌の仕上がり具合を見てもらう予定でしたが、

 

 

リズムが苦手な私とOさんだったので

そこが中心のレッスンとなり、

 

スタジオ内をみんなで行進しながらリズムをつかむという

おかしな光景になりました。

 

リズムの鬼!ですね!(笑)

 

 

これを、キッズクラスでは、小さい時から身体で感じることが出来るのだから、

すごいレッスンだと思います!

 

この時間で、今まで掴めなかったリズムの感覚を

Oさんが感じ始め、

 

本人もバンザイして喜ぶほどの成果でした!

 

みんなで拍手~でした♪

 

歌う、足と手はドラムの仕組みで動かす、前を向く、表情・・・全部同時にできな~い(汗)

 

 

リズムといっても、単純に

裏拍だとか、リズムを刻む

ということだけではないところを、

おとなクラスでも、少しずつ体感し、

 

それによって歌も変わるということを、

確実に実感している途上です♪

 

 


4月の火曜・夜のレッスンは、5月のステージへ向けての、キッズクラスとの合同レッスンになる予定です。

体験レッスンは、3月オススメです 😀 

 

3月 

10日(日)14日(木)・23日(土)

13:00~14:20

5日(火)19:00~

 

4月

■13日(土)・18日(木)・28日(日)

13:00~14:20

※28日・合同レッスン予備日

 

■4月30日(火)

時間未定・合同レッスン予定(見学のみ可能です)

 

体験レッスン予約申し込み・お問い合わせ

⇒コチラから