online_annai_bar
header menu_001

歌番組の「口パク」に思うこと

校長の東です。

 

明けましておめでとうございます!

2023年も、どうぞ宜しくお願いいたします!

 

今年、一発目のコラムは2022年の大晦日「紅白歌合戦」を見ていて、思ったことを書こうと思います。

 

■久しぶりに見た「紅白歌合戦」

 

実は大晦日に「紅白歌合戦」を見たのは何年振りかな・・・

 

と、思うくらいに久しぶりに見ました。

 

超久しぶりに見た「紅白歌合戦」は、思っていたよりも楽しめたし、色々と感じるものもありました。

 

その中で、以前よりも「口パク」について思うことがありました。

 

 

■なぜ「口パク」が気になったのか?

 

昔から「口パク」はあったし、そんなに気にならなかったのですが、今回の「紅白歌合戦」ではかなり気になりました。

 

なぜそんなに気になったのか、実はちゃんとした理由は自分でもわからないのです。

 

多分ですが「ダンス&ボーカルユニット」が、以前よりも多く感じたからなのかもしれません。

 

「ダンス&ボーカルユニット」といえば、アイドル系が代表になると思いますが、それに加えてK-POP系の出演者が増えたので、多く感じたのでしょうか?

 

実際に数を調べたら、例年とそれほど変わらないのかもしれないのですが、如何せん超久しぶりに「紅白歌合戦」を見たので、きっと多く感じたのだと思います。

 

■「口パク」をどう思ったのか?

 

いきなり結論を言うと・・・

 

『別に「口パク」しなくても良いのに。もったいない。』

 

このように思いました。

 

以前は、「口パク」するのは仕方ない。

 

それはそれで技術がいる。

 

激しいダンスをしながら、ショーとして一定のモノを提供するためのものだから、別に「口パク」をすればいい。

 

くらいに思っていたのですが・・・

 

気がつけば『別に「口パク」しなくても良いのに。もったいない。』と、思ってしまっている自分がいました。

 

 

■アーティストのパフォーマンスに期待するもの

 

「口パク」を否定しているわけではありません。

 

『残念な気持ちになった』のです。

 

それは、生放送で、アーティストの生々しい姿(パフォーマンス)が見たかったからです。

 

例えば・・・

 

「凄く難しい曲を、想像より遥かに軽々しく歌い上げる姿」

 

「音源やMVでは想像できないほど、首に筋が浮き上がり熱く歌う姿」

 

「何がそんなに楽しいの?と、思うほど見ているコッチが楽しくなるような姿」

 

 

このような姿(パフォーマンス)が見たかったのです。

 

 

■リアル・危うさ・魂

 

ぶっちゃけ「ダンス&ボーカルユニット」に、「上手い歌」は期待していません。

 

実際に上手かったら、「お!?意外に上手い!」と思ってしまうほどです。

(K-POPのアーティストは、ダンスだけではなく、ボーカルのレベルもかなり高いと思っています。)

 

今回「口パク」のパフォーマンスを見ながら、こんな妄想をしました。

 

 

カッコよくダンスが決まっている。

 

しかし、歌声がブレていて、音程が微妙になっていて、息が上がっていてる。

 

歌のせいで、たまに少しダンスのタイミングにブレができる。

 

 

リアルだ!

 

危うい!

 

表現者・アーティストの魂を感じる!

 

 

こんな感じです(笑)

 

 

 

■以前ほどの幻想はない

 

今やSNSの発展と同時に、アーティストのキャラクターに「清廉潔白」や、その他の理想を姿を求める空気は、薄くなったのでないかと思います。

 

見た目の良さも「美容整形」が当たり前になりすぎて、ファンやその他大勢は、声に出さないだけで本当のことを受け入れていると思います。

 

そして、アイドル系の「ダンス&ボーカルユニット」に、「歌の上手さ」は求めていないと思います。

上手いに越したことはないけれど。

 

だから、多少、歌が下手でもそれ以上に「リアル・危うさ・魂」を感じたいです。

 

 

『別に歌は下手でいいじゃん。「口パク」パフォーマンスより、息切れしながら必死に歌っている姿が見たいな。』

 

そう思った大晦日でした。

 

 

 

■次の日、元旦

 

Travis Japan(トラヴィス ジャパン)という、ジャニーズのユニットが、袴姿でガンガン踊って、息を切らしながら笑顔の生歌パフォーマンスをテレビで見て・・・

 

「コレよ!コレコレ!」と、思いました。

 

2023年、日本のメジャー音楽シーンは、明るい感じがする。

 

 

 

■おまけ

 

鏡の前で「口パク」で歌う練習をすると、歌唱時の声の響きを良くしたり、表情をしっかり使って歌う練習になったりしますので、超オススメです。

 

 

それでは、次回のコラムをお楽しみに。

〒525-0027
滋賀県草津市野村1-18-10良美ビル3F
お電話での各種ご予約・お問い合わせ
[受付時間 12:00〜20:00]
〒525-0027
滋賀県草津市野村1-18-10良美ビル3F
お電話での各種ご予約・お問い合わせ
メールでの各種ご予約・お問い合わせはこちらから
無料体験レッスン
FREE TRIAL LESSON
オンラインレッスン
ONLINE LESSON
opyright(C) nanairo-musicc. All right reserved.
opyright(C) nanairo-musicc. All right reserved.
無料体験
FREE TRIAL LESSON
コース案内
CORSE MENU
オンラインレッスン
ONLINE LESSON
キャンペーン
CAMPAIGN
FOLLOW ME
無料体験
FREE TRIAL LESSON
コース案内
CORSE MENU
オンラインレッスン
ONLINE LESSON
キャンペーン
CAMPAIGN
FOLLOW ME