ボイトレにも流行り廃りがある!?②【『ミックスボイス』ブームの終わり編】

 

前回のコラムで、ボイトレの最近の流行りについて書きました。

(※前回コラムはコチラから!→ボイトレにも流行り廃りがある!?①【ボイトレ業界の流れ編】

 

今回は、その流行りについての自分なりの考察と、それについて思うことについて書きたいと思います。

 

まずは、

 

 

【ボイトレの流行り①】

『ミックスボイス』が落ち着きはじめ

『ベルティング』がその代わりにちょっと注目されはじめている。

 

 

コチラから考察してみます。

 

前回コラムで、軽く触れましたが、

歌が上手くなりたい人や、ボイトレ関係者は、

散々『ミックスボイス』という存在に、振り回されました。

 

 

振り回され倒した後、結局のところ、

 

「よくわからん・・・」

 

という状況なのだと思います。

 

 

 

これ、当然なんです。

 

 

「発声」については、科学的に説明がつかないことが、いまだに多くあり、

さらに、色々な観点から現在進行形で研究されているため、

 

 

『ミックスボイス』とは、概ねこんな感じ」

 

 

としか、本当は説明ができないのです。

 

 

 

なので、

 

 

しっかり学び学び続け)

 

しっかり練習して(練習し続け)

 

解釈していないと(「よくわからん」で終わらせない)

 

 

『ミックスボイス』という発声を使えないし、教えられません。

(※『ミックスボイス』について、わかっていないことはまだありますが、信頼のおける理論があり、正しく練習すれば、習得可能です。

 

 

なので、学びが中途半端であったり、独学で何とかしようとしている人は、

「よくわからん」という状態のまま『ミックスボイス』に、

 

疲れたのだと考えています。

 

 

そのかわりに!

『ベルティング』

これなら高音をカッコよく発声できるかも!?

 

 

という流れではないでしょうか。

 

 

 

しかし、そうは問屋が卸さない・・・

 

この『ベルティング』は、かなり人を選ぶと思っています。

 

つまり、向いていない人は、とても辛いし、難しいものだと、現在の自分は考えています。

(※今後、考えが変わるかもしれませんが、いずれにしても、マスターは大変です。)

 

 

結局、滑らかな発声、高音の発声には、『ミックスボイス』が向いているだよなぁ・・・と、考えています。

 

 

もしかしたら、早い段階で『ベルティング』ブームとしては、不発に終わるかもしれませんね。

(※『ベルティング』いについては、『ミックスボイス』同様、信頼のおける発声理論があり、海外には『ベルティング』をしっかりメソッドの中に落とし込んだ団体もあります。)

 

とにかく、今までの『ミックスボイス』ブームは、ここらで一旦落ち着いたことは、間違いなく、

 

まぁまぁ聞き慣れたし、一般的になったかなと思います。

 

言い換えれば、定着したわけで、

 

いよいよボイストレーナーは、「ミックスボイス」の習得に向けた指導が行えないといけなくなったと考えています。

 

 

 

 

【ボイトレの流行り②】

「ボイトレ」よりも「ボーカルレッスン」が大切だ!

 

 

この流行りは、YouTubeで特に顕著に現れていて、

 

ボイトレ系のエクササイズ動画よりも、

 

ボーカルレッスン系の歌い方動画の方が、

 

再生回数が伸びまくっています。

 

 

 

これについては、割と深いところに原因があり、

今後のボイトレ業界の流れに影響するかもなぁ・・・

 

 

 

こう考えています。

 

 

次回のコラムで、語りたいと思います!

 

 

長々と、お読みいただきありがとうございました!

 

 

 


 

 

★東幸太朗プライベートレッスン★

〜申込み受付中!〜

 

【東 幸太朗 プライベートレッスン】

■アナタのための、緻密でクリエイティブなレッスン!

詳細&お申し込み👉コチラ!

 

 

【 P R O コース】

■プロになるために必要なサポートを!

詳細&お申し込み👉コチラ!

 


【出張レッスンはコチラ】

□地域の団体やサークル活動

□軽音やアカペラサークルのボイストレーニング

□企業様の福利厚生、レクリエーション

などなど…県内・県外問わず

ボイトレ講習にうかがいます!

詳細&お問い合わせ👉コチラ!