『プロ』『歌手』を目指しているのなら・・・

 

大型スタジオでの練習は、必須です。

 

ナナイロLIVEの前は、出演生徒さんも

大型スタジオで、レッスンを行います。

 

 

なぜ?

 

 

より実戦(本番のステージ)に近い状況で、練習をするためです。

 

 

広い空間で、マイクを通して声を出すと、

レッスンの時や、カラオケで歌っている時とは、

全く違う感覚になります。

 

 

 

また、

スタジオの壁一面は、大きな鏡になっているので、

否応無しに、自分の表情やパフォーマンスが目に入ります。

 

 

大きな鏡に映る自分・・・

 

広い空間のため、より動きの小ささが強調され

動いているつもりでも、動けていない・・・

 

 

そんな、現実にぶち当たります。

 

 

 

ある日、生徒のAさんとスタッフとの会話を、耳にしました。

 

 

「ここ(スタジオ)で歌うと緊張して・・・」

 

「鏡で自分を見るのが恥ずかしくて・・・」

 

「わたし、動けないから、練習しないと・・・」

 

「歌えるだけじゃダメだって、良く分かりました・・・」

 

 

すごい!!

 

 

そこまで、分かっていれば、大丈夫!

あとは・・・

 

 

や る だ け !

 

 

そして、何より

 

 

「歌えるだけじゃ、ダメなんだ」

 

 

この言葉!

すごい!!

 

Aさんが、自分自身で気づいたことなんだと感じて、

ちょっと感動しました・・・。

 

 

 

Aさんは、前回のナナイロLIVEに出演し、

そこで何かを感じ

その後のレッスンで先生と『その課題』に取り組んできたんだと思います。

 

ナナイロミュージックの求める

 

『イイ歌を、歌う』

 

これに、Aさんの

『歌に向き合う姿勢』が、

自然とフィットしたんですね♪

 

 

レッスンで、課題と向き合い、

基本や技術をコツコツと体に覚えさせる。

 

 

どこで歌っても

どんな状況であろうと

スッと、Aさんの歌が、歌えるように。。。

 

 

 

 

ボーカリストにとって「声」は、「楽器」と同じです。

 

楽器が弾けるようになりたいと思ったら、

楽器の練習をするように、

 

「声」も練習が必要です。

 

楽器で曲を弾きこなすには、基礎、テクニック、表現力が必要なように、

練習を重ねた「声」で、歌を歌います。

 

 

ただ音が出ていればいいわけではないし、

ただ器用に弾ければいいわけでもない。

 

 

 

「すごいな〜」

「感動する・・・」

 

 

そんなふうに感じるボーカリストは、

「声」を楽器を扱うように歌っています。

 

表情、カラダ全部を使って、

メロディーや詞を、表現しています。

 

 

 

もしも今、このブログを読んでいるアナタが、

 

プロ・歌手を目指しているなら、

 

自分の「声」「体」を自在に使って

歌を歌えているか

意識してみてください。