オーディションに向けての一年間

 

とあるオーディションに向けて、

約一年間レッスンを頑張ってきた生徒さん。

 

先日、そのVTR撮影を行いました。

 

 

 

 

このオーディションは、海外のもので、

定められたルールで動画を編集し、

YOU TUBEにアップするものです。

 

世界中の若者達が、チャレンジしています。

 

彼女もそのチャレンジャーの1人。

 

 

このオーディションに合格すれば、

アメリカの専門のカレッジに入学する権利が得られます。

 

(イマドキのオーディションて、効率がいいですね。応募して、わざわざ出向いて、審査員の前で歌って・・・とかいうオーディションとは違います。この話は、また別の機会に。)

 

 

真剣に、動画のチェックをする姿。画面の中の自分に合わせて、小さな声で歌いながら、体の動きも合わせて、表情もリンクさせていました。

 

一年前、ナナイロミュージックに入会した彼女は、

『このオーディションに参加し、入学の権利を得る!』

 

その気持ちは、明確でした。

 

それまでに、何度かチャレンジしていたようですが、

なかなか独学だけでオーディションに通るのは、難しいでしょう。

 

 

そして、この一年で、彼女は

格段に成長しました。

 

 

入会当初は、低音から息っぽい裏声。

 

高音になっても、そのまま弱々しい不安定な裏声でした。

 

ボイトレで『一番改善しなくてはいけないポイント』としてレッスンに取り組みました。

 

 

練習曲も、

低音から高音まで裏声では、歌えない、

ややビートの効いた曲を選曲。

 

(裏声では、声を出すタイミングを明確にし、アクセントをつけ、声を切ることが難しいので、ある程度キレが必要な曲で練習しました。)

 

 

学校、部活、バイトと忙しい中、スケジュールをやりくりして頑張って通ったと思います。

 

 

 

約一年が達ち、彼女の発声はとても良くなりました。

 

低音では、地声か裏声っぽい声かを、選択できるようになりました。

 

高音でも、同じくトーンの選択ができるようになり、

必要であれば、力強い発声で歌えるようになりました。

 

 

そして、歌唱面では、

ボイトレで培ったテクニックを活かして、歌えるようになりました。

 

 

 

オーディションのために録画した曲では、

この一年間の成果を活かせるようにしました。

 


 

そもそも裏声っぽい彼女が得意とする、軽くて綺麗な裏声寄りの発声で、曲の導入部分を、

軽く美しく・・・

 

さらに、以前できなかった、アクセントや声量の調整をし、

微妙なニュアンスを付けて歌いました。

 

 

サビでも、以前は全くできなかった、地声よりのトーンを使い、

声量の大小に大きく差をつけ、ビートをつけながら、ダイナミックにパワフルに歌う。

 

 

サビ後半の裏声のリフは、

息漏れのない美しい裏声で、アクセントを加えながら歌う。

 

 

表情は、優しい表情から、サビに向けて自信溢れる表情で歌う。

 


 

たった一年で、ここまできた!

 

こうして書き出してみると、本当に

良くぞここまで!と感慨深いです。

 

ボイトレで伝えた技術を、しっかり積み上げてきてくれたと思います。

 

 

本当に大きな成長を遂げた彼女。

 

 

オーディションの結果は、まだですが、

ひとまず、その素晴らしい成長を、讃えました。

 

 

 

闇雲にただただオーディションを受けまくるのではなく、

目標を定めて、しっかり練習に取り組みながら、

チャンスが掴める実力をつける。

 

 

当たり前のことのようですが、

とても、重要なことです。

 

 

そしてこの当たり前のことができていない人ほど、

オーディションを受けまくって、落ちまくってます。

 

 

そもそも、イマドキ、オーディションて・・・・

(あ、これはまた別の機会でしたね笑)

 

 

彼女の今後については、まだ分かりませんが

ナナイロミュージックは、目標がある人を

全力で応援します。

 


2019年の春から

プロコースプログラム内容改編します。

かなり内容が盛りだくさんになっています。

 

プロを目指している方は、ぜひ!

 

無料体験レッスン・お問い合わせは

⇒コチラから