【YouTube更新!】歌唱時の「ん」。あなたは、どう歌う?

 

YouTube動画を更新しましたー!

 

今回は、歌唱時の「ん」について、思いっきり解説しました。

 

 

#66【超解説!】重要!「ん」の歌い方!細部にこだわり魂が宿る!

 

 

かなりしつこく解説しています(笑)

我慢して見ていただければ、必ず役に立ちます!

 

細かいことの積み重ねが、他の人と差をつけるポイントです。

 

 

 

にしても、今回長い動画ですが、撮影は一人で30〜40分以上語りました。

こういう風に、語り続けるの楽しいんですよね・・・

 

動画内で、色々な曲を解説していますが、

Superflyさんや、米津玄師さんなどなど・・・

長くなりすぎたので、かなりカットしています(苦笑)

 

 

動画内で解説していますが、こちらでも大切なポイントをもう一度解説します。

「ん」の種類とその特徴についてです。

 

 

①”n”

・テンポが速い曲、テンポ感のあるフレーズに向いている。

・「ん」が強調されないので、曲の流れが崩れない。

 

 

②”m”

・「ん」が強調され、アクセントや抑揚の一部として表現できる。

 

 

③”ウ系”

・高音での「ん」の表現に向いている。

 

 

④”鼻濁音系”

・”n”よりもさらに「ん」を強調せず、ナチュラルな表現ができる。

 

 

 

以上です!

まずは、自分のよく歌う曲、練習中の曲に活かしてみてください。

 

その次は、自分のセンスでチョイスしてみてください。

 

 

歌に『意図』を乗せます。

 

それは、

 

どう、歌詞を表現するのか?

どう、メロディーを表現するのか?

そもそも、何を表現したいのか?

 

曲のもつ世界観?

自分の気持ち?

とにかく楽しく歌いたい?

 

 

 

上手く歌うことも大切だけれど、

こういうポイントも大切ですよね。

 

 

 

 

次回の動画もお楽しみに!

 

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました!!

 

 

 


 

 

★東幸太朗プライベートレッスン★

〜申込み受付中!〜

 

【東 幸太朗 プライベートレッスン】

■アナタのための、緻密でクリエイティブなレッスン!

詳細&お申し込み👉コチラ!

 

 

【 P R O コース】

■プロになるために必要なサポートを!

詳細&お申し込み👉コチラ!

 


【出張レッスンはコチラ】

□地域の団体やサークル活動

□軽音やアカペラサークルのボイストレーニング

□企業様の福利厚生、レクリエーション

などなど…県内・県外問わず

ボイトレ講習にうかがいます!

詳細&お問い合わせ👉コチラ!