【ベストオブミス滋賀】ビューティキャンプ・ボイトレ2回目

 

「ベスト・オブ・ミス滋賀」

ビューティーキャンプ!

 

先日、2回目ボイトレを行いました。

 

1回目のレッスンでは、

「知る」をテーマに行いましたが、

 

今回からは、いよいよ

ガンガン声を出していきます。

 

2回目のテーマは、「慣れる」でした。

 

 

腹式呼吸と声を連動させることに慣れる。

 

■表情筋と発声を連動させることに慣れる。

 

■明るく高い声での発声に慣れる。

 

■発声に距離感を持たせることに慣れる。

 

■五十音を使った、基本練習に慣れる。

 

(※ボーカルでは、”腹式呼吸”を、それほど重要視していませんが、広い会場でハリのある声を出すという点や、その他、色々な理由があり、ビューティーキャンプでは、重要度を上げています。)

 

 

 

ざっと、内容を上げましたが、

 

要は、普段の”おしゃべり”の声ではなく、

 

”スピーチ”のための発声を意識する。

 

 

「声だそうぜ!」

 

 

を、やってみるということです。

 

 

 

 

 

まず、ファイナリストの皆さんの、多くは、

しゃべり声が低いのです。

 

これは、あくまで私の推測ですが、

その原因の一つは、

 

皆さん、身長があり首が長い傾向にあります。

(モデルさんのようなスラッとしたスタイル。)

 

なので、

ノド仏の位置が一般的な女性よりも下になり、

声の低い要素が増幅されるのだと思います。

 

繰り返しになりますが、

あくまで推測で、様々な要因の一つだと思いますが・・・

 

 

そして、ファイナリストの一部の方では、

声の低さがコンプレックスになっていて、

高い声を出すという点において、抵抗というか諦めのようなものが、無意識にあるようでした。

 

 

とにかく、

ある程度の高さの声をキープし、発声し続ける。

 

「慣れる」必要がある訳です!

 

 

また、ある程度の声量をキープし、

声にハリを持たせ続けることにも「慣れる」必要があるので、

「発声に距離感を持たせる」感覚を掴んでもらうことを重視したレッスンになりました。

 

 

終始、普段出さないであろう、高さと声量で発声し続けたので、

レッスンの終盤では、普通の会話で、高くハリのある声が出ていて、

早速、効果が実感できました。

 

 

 

さて、

「知る」「慣れる」ときて、

いよいよ次回から、実践的な内容に入ります。

 

これまでのレッスンの内容を、ある程度自分のものにしているか否かで、差が広がってきます。

 

ファイナリストの皆さんの地道な練習を期待し、

私も気合いを入れて!次回のレッスンの準備を続けます!