【ベストオブミス滋賀】ビューティキャンプ・ボイトレ4回目

 

「ベスト・オブ・ミス滋賀」

ビューティーキャンプ!

 

先日、回目ボイトレを行いました。

 

 

今までのレッスンの流れは・・・

 

回目『知る』

2回目『慣れる』

回目『やってみる(実践Ⅰ)』

 

でした。

 

 

で、

今回4回目のテーマは・・・

 

『やってみる(実践Ⅱ)』

 

です!

 

 

 

 

実践形式の2回目は、

1回目の実践練習で出てきた、それぞれの課題を元に、各自で練習してきてもらい、

その上で、用意してきたスピーチを、披露してもらいました。

 

 

まずは、自分の課題をよく自覚できている点。

これは、みなさん素晴らしかったです!

 

※自覚していて、改善できているかは別ですが、

自覚がなければ改善できないのでGood!

 

 

前回のレッスンで指摘したポイントを元に、みなさん自主練してきていて、本当に素晴らしかった!

 

 

 

【レッスン4回目での変化はについて】は、以下の通り。

 

 

1. 声をしっかり出すことについて、かなり意識が高くなっている。

スピーチの時にスイッチが入ったように、声を前に出すようになってきたのは、大きな成長。

特に感心したのは、そもそも息が漏れてしまい、裏声っぽく、声が小さい方が、地声でしっかり発声しスピーチができていたのは、努力を感じました。

 

 

2.声の高さを十分に意識をできている。

この点も、しっかり必要性を感じて実践できていました。

ほとんどのファイナリストが、元々、自分の声の低さにコンプレックスを持っていたことを考えると、凄い成果だと思います。

 

 

3. スピーチのスピードについて、できる限りゆっくりスピーチしようとしている。

この点も、前回指導したポイント。

ゆっくりスピーチしようという意識は、高い。

意識をしすぎて、間を取るポイントが不自然になることが多かったですが、それでも、すぐに自分で「変だ。おかしい。」と気づいていたので、改善可能です。

 

 

ざっくり、大きく皆さんに共通していた、変化は以上の通り。

 

ただし、あくまで「意識」としての大きな変化があったということ。

 

 

フィジカルに落とし込むには、まだまだ練習しなければならないと感じました。

 

 

 

一方、今回、共通して多かった改善ポイントもあります。

 

1.声を張ることと、通る声とは別である。この区別をコントロールしたい。

例えば、直線的に声を押し出すイメージの発声と、声を放物線を描くように遠くに飛ばすイメージの発声。

この違いだけでも、変化は生まれます。

しっかり区別して、スピーチする必要があります。

 

2.声の高さをコントロールしきれない。

スピーチ始めでは、高い声も、後半に向けてどんどん高さが落ちていきます。

どこかで、高さを元に戻すように、スピーチにチェックポイントを入れるようにし、その通り練習する必要があります。

また、みなさん、自分で思うよりももっと高いトーン、ピッチで入って欲しいところです。

 

 

3.まだまだスピーチのスピードが速い。

ある程度の間を取れるようになってきたものの、肝心のスピーチのスピードは、若干ゆっくりにはなったが、相変わらずの速さ。

我慢するように、じっくりゆっくりスピーチする必要があります。

感覚的に、必要以上にゆっくりしたスピードで、丁度いい感じです。

 

 

4.スピーチというよりも、文章を読んでいる感じになっている。

原稿を見ながらなので、ある程度は、仕方ないです。

それでも、自分を表現する、伝えるという意識が低いのだと思います。

 

「正しくやる」「間違わないようにする」よりも

「自分を表現する」「想いを伝える」こちらの方が、重要。

 

これを押さえていれば、原稿を見ながらでも、スピーチらしくなります。

 

「発声」「高さ」「スピード」これらは、

「自分を表現する」「想いを伝える」ためのテクニック、ツールです。

 

「正しくやる」「間違わないようにする」が目標にならないように、

注意が必要です。

 

 

その他、各個人としての課題も多くありました。

 

 

限られた、時間の中なので、どれだけ練習を積み重ねられるか。

それぞれが、課題を把握しているのだから、毎日コツコツ練習すれば、必ずもっともっと良くなります。

 

 

さて、次は「スピーチ(仕上げⅠ)」です。

 

 

次回からのスピーチは、暗唱することが前提。

 

今回までの課題は、ある程度クリアできていて、

そこからプラスアルファのブラッシュアップを行いたいところ。

 

 

次回のレッスンが、今までの復習になってしまわないように・・・

 

練習あるのみ!

マジで、練習しかない!

 

それで見えてくることもあるのだから、とにかく練習です!