【ベストオブミス滋賀】ビューティキャンプ・ボイトレ3回目

「ベスト・オブ・ミス滋賀」

ビューティーキャンプ!

 

先日、回目ボイトレを行いました。

 

 

今までのレッスンのテーマは、

 

1回目『知る』

2回目『慣れる』

 

からの、3回目

今回のテーマは・・・

 

『やってみる(実践Ⅰ)』でした。

 

 

 

『とりあえずのスピーチを、考えてきてください。』

 

という課題を、前回のレッスンで出しました。

 

 

今回のレッスンでは、

考えてきたスピーチを披露し、それを録画して

簡単にフィードバック。

 

 

それぞれ簡潔に≪改善点と重要になるポイント≫を説明しました。

 

 

 

【スピーチで重要なポイント】

 

<ゆっくり話す>

とにかく大切なポイント。次へ次へ、決められた文章なので、急いでしまいます。

少し、早めに話すポイントを入れると、緩急のリズムができて、なお良し。

 

<十分に間をとる>

句読点、段落を意識して、十分に間をとることは、めちゃくちゃ重要!

それと『プラスアルファの間』をとるポイントも、レッスンで行いました。

 

<文章に高低差をつける>

自然な流れでスピーチするのに大切なポイント。

文章の音やトーンは、頭が高く、語尾に向けて低くなります。

長い文章では、この高低の山の作り方で、雰囲気が変わります。

 

 

ザックリとこのような内容を伝え、少しだけ練習をしてみました。

 

 

 

【その他、大切なこと】

 

テクニカル的なポイントとは別に、スピーチを『自己表現』として捉える為の、重要なポイントを伝えました。

 

<伝えたいことを自覚している>

スピーチの中に、言いたいことを複数入れてしまい、何が伝えたいのかがぼやけてしまう。

自分で何が伝えたかったかも、ぼやけてしまい説得力がなくなるので注意。

 

<等身大で良い『嘘はつかない』>

当たり前だけれども、実は難しい。

自分を大きく見せようとしてしまったり、思っていないようなことを言ってしまったり・・・

そういうことは、何故か、聞き手に伝わってしまいます。

何の印象も残らない、空虚なスピーチにならないように、

素直な気持ちをどのように伝えるか、どのように表現するか、とういことにエネルギーを使うことが大切です。

 

 

 

その他にも、様々なポイントを伝えました。

 

さらに、実際にスピーチをしてみて、自分の抱えている弱点を自覚できたと思います。

 

良い例、悪い例も分かってきたと思います。

 

 

今までのレッスンで行った、発声も大切!

今回行った、ポイントも大切!

次回に向けて、練習をすることも大切!

 

 

次回『やってみる(実践Ⅱ)』では、さらに細かく掘り下げてレッスンを行います!