【ガチレッスンPart.3】動画の徹底解説!!

 

校長の東です!

 

YouTube【ガチレッスンPrat.3】の解説です♪

 

今回の動画は、ワタナベさんが「ミックスボイス」に挑戦するという内容。

 

 

ここで、「ミックスボイス」について軽く説明しておきます。

 

「ミックスボイス」とは、高音域を無理なく発声するための発声テクニック。

 

例えば、楽曲のサビで声を張り上げてしまったり、声が裏返ってしまったり、そういうことなく、高音を発声するための技術です。

 

 

今回、なぜこの練習をしたかというと、動画内でも説明していますが、ワタナベさんは「アイノカタチ」のBメロディーで一気に声を張り上げてしまうからです。

ちなみに、大きい声で歌うのをやめてもらうと、裏返ります・・・

(動画の1:15〜普通にBメロディーを歌ってもらっています。)

 

この状況では、Bメロディーはもちろん、さらに高音でが出てくるサビで、到底声のコントロールは無理!と判断して、ミックスボイスの練習をしました。

 

それでは、解説です!

 

 

 

 

①ミックスボイスの練習(1オクターブ・下降スケール)

→動画の2:07〜

 

動画内のテロップで、解説している通り、ワタナベさんのように、高音に向けて声が大きくなり、張り上げてしまう人には、高音から下降していく発声が非常に有効です。

 

これによって、声を大きく出せなくします。

 

ちなみに、母音は前回ビブラートの練習で調子がよかった「u(ウ)」を使っています。

 

比較的、「u(ウ)」は、ミックスボイスがしやすいので、調音さえある程度できていればオススメの母音です。

 

 

内容としては、裏声からスタートして、地声との境目なく滑らかに下降しています。

 

普通、声を大きく張り上げる人は、裏声から下降するとき、「ガクン」と地声に入ってしまいます。

 

しかし、ワタナベさんは、初めてとは思えないほど、スムーズに発声しています。

かなり上手です。

 

 

 

②ミックスボイスの練習(5度・下降スケール)

→動画の2:30〜

 

ここで、練習スケール(音階)を変えます。

 

 

▶️さっきまでやっていたのが、1オクターブ下降するスケール。

例)ド(上)→ソ→ミ→ド(下)

※音と音の距離が開いている。最初と最後の音の距離が広い。

 

 

▶️2:30〜やっているのが、5度下降するスケール。

例)ソ→ファ→ミ→レ→ド

※音と音の距離が狭い。最初と最後の音の距離が狭い。

 

 

 

さっきよりも、難易度が上がっています。

 

同じ下降するスケールでも、音と音の距離が狭くなると、地声⇄裏声を、境目なくスムーズに発声するのは、難しくなります。

 

動画でも最初は、裏声→地声の境目で発声が崩れています。

 

 

さすがに、ここでは再度「u(ウ)」の調音をしたり、やりやすいKeyを探したり、結構練習しました。(動画では、カットしてます。)

 

で、結構な難易度ですが、スムーズな発声OK!

 

初めての練習としては、出来すぎなくらいです。

 

(実は、薄々気づいていたのですが、ワタナベさんは、器用というだけではなく、そもそもミックスボイスを無意識にしていたようです。

意識していなかったため、基本的に大きく歌っては、裏返っていたのかと・・・

調子がよければサラっと高音を歌っていたのかもしれません。

なので、今回、初めての練習でも割とコントロールが上手くいっているのでしょう。)

 

 

 

 

③ミックスボイスの練習(1オクターブ・上行スケール)

→動画の3:00〜

 

下降系のスケールで、形になってきたので、低音から高音に向け発声練習をします。

 

初めはやや不安定・・・

 

これは、結構苦戦しました。

 

ここで、有効なのが、最後の音をポルタメント(音と音を繋げるように移動する)させること。

 

動画では、これでミックスボイスの発声が安定するのがわかると思います。

 

練習方法としては、非常に有効なので、どうしても不安定になる人は、ぜひお試しください。

 

 

 

 

④ミックスボイスで歌う準備→「lu(ル)」で歌唱

→動画の4:17〜

 

 

いきなりミックスボイスで歌うのに、歌詞では響きが安定せず難しいので、「lu(ル)」というシンプルなワードで歌います。

 

スケールでの発声練習とは違って、歌のメロディーは上下に複雑に移動します。

 

音程の上下に振り回されないように、頬の上から歯と歯の間に指をかませ、アゴを固定。

ノドや口の中の空間が崩れにくくして歌に挑みました。

 

動画内では、いくらワードをシンプルにして、アゴの位置を固定しても、やはりメロディーでは難しいのがわかると思います。

 

 

 

 

⑤ミックスボイスで歌う

→動画の5:27〜

 

いよいよ歌詞で歌います。

 

初めてミックスボイスの練習をして、

 

「いきなりミックスボイスで歌え!」

 

というのは、かなり無茶な話ですが、声を張り上げないで歌うという点では、今回かなり上手くいっていると思います。

 

そして、裏返らずに歌えている点は、素晴らしいです。

 

初めてでこれだけできれば、十分です。

 

 

 

歌唱の変化については、最初の歌唱、動画の1:15〜のと比べてもらうと、よくわかると思います。

 

 

 

 

この練習をすると、一旦、声量が落ち、「歌っている感」が無くなり

 

「よくわからない・・・」

 

という感じになりがちですが、動画を通して客観的に見れば、少し理解ができると思います。

 

 

前回コラムでも書いていますが、ぜひレッスンでは録音することをオススメします!

 

 

それでは、次回は、Part.4の解説です。

 

 

お楽しみにー♪

 

 


ボイトレ・無料体験レッスン

受付中

 

 キッズボイトレはじめました!

 

お問い合わせ・お申し込みは

コチラから⇒ホームページ

 

ボイトレ無料体験レッスンへ、お越しください 😀 

みなさまにお会いできること、楽しみにしております