【ガチレッスンPart.2】動画の徹底解説!!

 

校長の東です!

 

YouTube【ガチレッスンPrat.2】の解説です♪

 

 

 

今回の、レッスン動画から「アイノカタチ / MISIA」のBメロディーの練習に入りたかったのですが、

 

その前に、ビブラートの練習を行いました!

 

 

ビブラートは、ボーカルには必須のテクニックです。

 

実際、ビブラートを使わない、プロアーティストは、ほとんどいません。

(もちろんノービブラートの歌手もいますが・・・ホント少ないです。)

 

 

実は、今回のレッスンで、上手く行かなくても、一度練習をして、しばらく自主練をしてもらおうと思っていました・・・

 

 

それが・・・・

 

 

思いの他上手くいきましたw

 

 

前回のブログでも書いていますが、実はワタナベさん、割と器用なんですよw

 

 

ですので、初めてのビブラートの練習でここまで上手くいくことは、希と言えば希です・・・

 

【ガチレッスン】なのでヤラセはありません!

 

これは、念の為書いておきます・・・w

 

 

 

 

 

それでは、解説です。

 

今回、ビブラートを練習する狙いは、主に3あります。

 

1.声の響きを豊かにする

【ガチレッスンPart.4】の動画で、歌唱が豊かになる感じがわかると思います。

 

 

2.ノド周りの無駄な力みを和らげる。

ビブラートでは、声を揺らすために、ノド周りのテンションを抜く必要があるため、非常に有効です。

 

 

3.フレーズ語尾の音程を安定させる

正確にいうと、フレーズ語尾の響きを整えます。歌唱の見栄えが一気に良くなります。

 

 

 

①現状の把握

→動画の1:28〜

 

母音は「u(ウ)」を使っています。

(ワタナベさんにとって、安定しやすかったから「u(ウ)」を使っています。)

 

前回の「a(ア)」の調音をした時と同様、

 

「u(ウ)」の調音をします。

※人それぞれ、安定しやすい母音があり、その母音を調音する必要があります。

 

この調音で、ビブラートがしやすい発声に持っていきます。

 

ここでは、発声や発音に関する豆知識もポロポロ入っているので、ぜひ参考にしてください♪

 

 

 

 

②ビブラートの練習

→動画の2:43〜

 

 

ビブラートの練習方法は、複数ありますが、今回ワタナベさんにハマったのは、

「声を押すようにして揺らす」というもの。

 

ウ⤴️ウ⤴️ウ・・・

 

みたいな感じです・・・

 

文章で伝えにくいので、動画を参考にしてくださいw

 

 

ここでのポイントは、声を軽く出して練習することです。

 

大きく声を出すより、はるかにやりやすので、お試しください♪

 

 

 

 

③ビブラートの揺れを早くしていく

→動画の3:13〜

 

 

初めてのビブラートの練習で、ここまでできるとは思っていませんでしたw

 

動画の通り、揺らす速度を上げていきます。

 

 

ただし、アゴを動かしてビブラートをかけ始めたので、その対策に移行します。

 

 

実際、アゴや舌を動かしてビブラートをかける方法は、あります。

 

練習として感覚を掴むのには良い練習にもなるのですが、せっかくなので、理想的なビブラートを練習しました。

 

 

 

 

④揺れてしまうアゴを抑えて歌う

→動画の4:47〜

 

動画内でもテキストで入れていますが、アゴを動かさないように、本来であれば、口を閉じて「m」「n」のハミングなどで、じっくり練習するのですが、

 

実践的に歌唱に取り入れたいので、無理やりアゴを抑えて練習しています。

 

初めてのビブラートこれだけできれば、十分ですね。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

ビブラートは、歌唱テクニックですが、テクニックに収めておくにはもったいないほどの、発声上のメリットがあります。

 

必ず、できるようにしたいところですね。

 

 

人それぞれ、ビブラートがかけやすい母音、練習方法がありますが、少しでも、この動画を見てくださった方の参考になれば嬉しいです!

 

 

それでは、またPrat.3の解説をお楽しみに!

 

 


ボイトレ・無料体験レッスン

受付中

 

 キッズボイトレはじめました!

 

お問い合わせ・お申し込みは

コチラから⇒ホームページ

 

ボイトレ無料体験レッスンへ、お越しください 😀 

みなさまにお会いできること、楽しみにしております