【アゴの動き】動画の徹底解説!

 

校長の東です。

 

さて、YouTubeにアップした、動画の解説コラムです。

 

今回は、

この動画の解説をします!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

#60 【「アゴの動き」解説!】アゴの動かし過ぎはダメ!「馬と鹿 / 米津玄師」で解説!

 

 

 

①過去にSNSに投稿していた「ミニボイトレ動画」→1:04〜

 

今回の動画は、この「ミニボイトレ動画」の解説をするというものです。

動画内で、言っている通り、アゴを「動かす」「動かさない」どっちが正しいか?

ということが問題ではなく「これだけ雰囲気が変わる」ということが重要です。

 

 

アゴの動きをコントロールしながら、滑舌をとっていくということは、

 

▶︎舌がアゴの動きとは別に自由に動く

▶︎表情豊かに口まわりから頬あたりまでをコントロールできる

 

つまり、この2点が非常に重要であるということなのです。

 

今回の動画で、伝えたかったキモです。

 

 

 

 

 

②「馬と鹿 / 米津玄師」で解説→3:20〜

 

わかりやすいであろうフレーズを使って、実際にデモを行なっています。

まずは、語尾を意識するところからはじめていくと、やりやすいでしょう。

 

 

アゴの動きとは別に、『「i(イ)」「u(ウ)」の母音で、歯と歯が合わさることは無い』と、付け加えていますが、これも非常に重要です。

 

歌唱中に自分は、どのように「i(イ)」「u(ウ)」の母音を、処理しているかチェクしてみてください。

 

歌詞やメロディーによって、このあたりがバラバラになっている場合もあるので、要注意です。

 

 

また、「e(エ)」の響きについても、付け加えています。

他のコラムで、何度か書いたことがありますが、

 

歌詞を・・・

 

 

▶︎日本語として歌う(歌詞を伝える)

 

▶︎響きとして歌う(音楽を伝える)

 

 

 

ボーカリストにとって、非常に重要なポイントに触れています。

 

アゴの動きの中でも、このポイントはやはり出てきますね。

 

超!重要!

 

です。

 

 

 

 

③「馬と鹿 / 米津玄師」を実際に歌ってみる→8:11〜

 

 

「アゴの動きを抑えながら歌っているバージョン」

 

 

「アゴをガンガン動かすバージョン」

 

 

で、比較しています。

 

 

ここで、一つ補足なのですが、歌詞とコードを見ながら歌っているので、目線が常に落ちている状態です。

 

目線が落ちていると、基本的に表情を自由に使いづらくなるため、

 

各フレーズで解説している時よりも、不自然な発音になり、アゴも動きやすくなっています。

 

さすがに、歌詞とコードを見ずに歌うことは出来ませんでした・・・・

 

もう少し、分かりやすくなったかも知れなかったのですが、ゴメンナサイ🙏

 

 

皆さんも、目線には注意してみてくださいね。

(今度、「目線」で動画作るかも・・・)

 

 

 

 

 

④まとめ→10:58〜

 

このあたりは、動画内の通りですね。

 

 

 

 

 

 

今回は、「アゴの動き」に的を絞って、動画を作りましたが、

 

表情・舌・響きなど、様々な要因を集約しているため、語りきれていないし、語るとややこしくなることが多々あります。

 

 

今後も、細かく「点」を解説していきますので、できるだけ「点」「点」を繋げ「線」を描けるようにコラムを書いていきます。

 

 

次回もお楽しみにー♪

 

 


ボイトレ無料体験レッスン

受付中

 

 キッズボイトレはじめました!

 

お問い合わせ・お申し込みは

コチラから⇒ホームページ

 

ボイトレ無料体験レッスンへ、お越しください 😀 

みなさまにお会いできること、楽しみにしております