たまにはボイトレ頑張ってるブログ

こんにちは!ワタナベです!

たまには、私のボイトレ奮闘記、いりませんか!?

 

8月のナナイロライブが終わってから、ボイトレも自主練もしない2ヶ月を過ごした結果

発声が、おかしなことになって、歌声まで変わってしまっていたので

またまた振り出しに戻り、1からスタート 😆

 

それでも、レッスンしてもらったら、ちゃんと思い出してくれた私の喉♡らぶ

 

「これまでに積み重ねた基礎があるから、取り戻すの早かったですね

と、小島先生からお褒めの言葉をもらって

やる気UP

 

出来るだけ毎日ブースに入って歌っているので、

声もしっかりしてきたと言われました 😉 

 

 

それと、ある日、突然のように小島先生がひらめいてしまって・・・

「ワタナベさんの為の実験的なレッスン」をしてもらうことになって・・・

 

それが功を奏したのか!?

私、やっとやっと「あ、そういうことか」って気付けたことがありました。

 

それは、私の永遠のテーマ!!感情!!!!

➡ 次なるステージへ…乗り越え時がキター!

 

これまでも、漠然と「感情をこめて歌う」っていうのは、なんか違う・・・と思っていて

でも、切ない歌を元気よくニコニコ歌うのも、違うし・・・

 

それが、今回の小島先生の実験的レッスンで、気付いたことがある!!

 

歌は、ちゃんと1音1音、正確に出せば、ちゃんとその歌の通りになる。

ということ。

 

リズム(タイミング)も、伸ばすところも、なにもかも全部

歌手が歌っているそのままを、そのまま歌う。

そうすれば、そこに感情なんか入れなくても、

ちゃんとそのように歌える(ようになっている)

 

例えば、今わたしが練習しているのは、宇多田ヒカルさんの歌なんだけど

宇多田ヒカルさんのCDの通りに歌う。

1音1音、音符の1つ1つを、寸分狂い無く正確に出す(出そうとして歌う)

そうすると、自然と「それっぽく」なってくるの!!!!

 

よくよく考えてみると、そりゃそうだよね?

CDの歌は、完成された歌(音)なんだから、その通りに歌えばいいだけなんだよね。

例えばそこに「自分なりの感情」なんかを入れちゃうと、

それは「歌をアレンジしちゃってる」ってことだから、

なかなかその曲に近づくことは出来ない。

 

「自分なりの」なんていうのは、不必要なもので、

今の私は、

その歌(音)の通りに歌う(声を出すようにする)ってことだけに集中すればいいんだ!

ってことに気付いたんですよ~~~~~ 😆 

 

どうかな???

 

あくまでも「私の場合は」ですからね

 

ちゃんと歌える人や、すでに上手い人は

自分の感覚とか感情を入れていくのも魅せ方としては、アリなんだと思う

 

 

これ、なんで気付いたかって

毎回毎回の自主練を、動画に撮ってるんだけど

先生に言われたとおり「1つ1つの音を正確に出す」ということだけに集中して歌って

その動画を何度も見直していたら、なるほど!って気付いちゃった 😆 

 

「1つ1つの音を正確に出す(歌う)」為に、

どうやったらこの音になるか

どうやったらこの声になるか

みたいな感じで、

真似するんじゃなくて、その音(歌)を出そうとすることで

自然と、そういった表情や声になるって感じだって事に気付いたよ~~~ 😆 

 

どうかな???

 

上手く歌おうとするわけでもなく

感情を込めるわけでもなく

情景を想う浮かべるでもなく

その音を出そうとすれば良いだけ。

声・音の出し方も、先生に言われたとおりに出す

 

だから、その為に

歌い出しは、完全に「無」になるようにしてるよ。

無っドドンッ

 

このあと何も考えず、最初の音を、正確に出すだけ。

あとは、1つ1つの音を、正確に出すだけ。

 

そのために、今、私は「3行しか歌っちゃダメ!」というコジマ命令も出ています 😆

 

 

何回も何回も録画して見直して・・・

その動画を、チラッと東先生に見せたら

「上手いやん」って言ってもらえました!!

 

初めて東先生が褒めてくれた気がします・・・

(ちょっと本当に涙が出ちゃいそうなほど嬉しかった・・・うぅ)

 

あ、そうだ!それから、私の練習の仕方だけど

なかなか小島先生の時間も取れないので

一回レッスンしてもらったら、あとは自分でブースに入って練習します。

 

で、次のレッスンのときに

「ここまで練習しました。どうですか?合ってますか?」

みたいな感じで確認してもらって、

修正したり、次の練習材料に取り組んだりする。

で、また自分で練習しておく。

これの繰り返し。

 

「レッスンのときだけ」歌ったり声を出すのでは、なかなか難しいと思う・・・

次のレッスンまでに、自分でしっかり声を出して練習したり歌ったすることが、

上達への近道かなと思いますよ~ 😀 

 

スポーツでも楽器でも、なんでも同じだよね。

ギターの弾き方をレッスン時間で教えてもらったら

次のレッスンまで何もしないなんて、ないでしょ!?

 

ボールの投げ方、ダンスの踊り方を、レッスンで教えてもらったら

次のレッスンまで、ちょっと自分でもやてみるよね!?

 

歌も同じだよね 😆 

せっかく大事な時間やお金を使ってレッスンに行くのだから、

「レッスンの時間が練習の時間」になっちゃうと、勿体ないかなって思います

 

 

同じ曲を歌うにしても、

一人一人レッスン内容は違うし、取り組む課題も違う。

声質も違うし、骨格も肉づきも違う。

みんなが同じペースで上達するわけじゃない。

 

1音1音を正確に歌えるようになったとしても、

私は、宇多田ヒカルさんでは無いわけで、

それは、絶対になれないのだから、目指すのは自分の歌

 

1つ出来たら、1つ出来なくなったり

一気に1つ2つ出来るようになったり

一回や二回のレッスンでは、なかなか変化に気付かないけれど

半年後、一年後、違いが分かる 😉 

 

自分の歌っている動画を残しておいて、半年後・1年後に見てみて

 

 

とにかく、コツコツと自分の歌(声)と向き合うしかないんだけど

こうやって気付きがあったり、

難しいな~、なんて言いながらも、充実した時間だなって思います 😀 

 

私、今の課題曲が歌えるようになったら、めちゃくちゃ自信つきそうなので

もしかしたら私、上手くなって、しまうかも、です・・・

 

 


KeepSinging

ナナイロミュージック ボーカルスクール

友だち追加

校長のTwitter

 ➡ ★こうたろう先生★毎日ツイート★Followしてね


 

👆予約不要のオンラインレッスン!👆

トライアルキャンペーン実施中!

 


 モーニング担当:星田先生の紹介ブログ

 

ボイトレ無料体験レッスン

受付中

詳細HP コチラ

 

 

キッズボイトレ コチラ

 

お問い合わせ・お申し込みホームページ


 ➡ ナナイロinstagram

 ➡ ナナイロのワタナベさんtwitter

 

 ➡ 校長・東 幸太朗のinstagram

 校長・東 幸太朗のtwitter

 ➡ 校長・東 幸太朗のYouTube