ボイトレをする理由が進化する

校長の東です。

 

 

なぜ、ボイトレをするのか?

 

「歌が上手くなりたい!」

 

これは、もちろん♪

 

 

「カラオケ、歌が好きで、ボイトレに興味があった」

 

 

とか

 

 

「今まで適当に歌ってきたけど、ちゃんと歌を学びたいと思ったから」

 

 

とか

 

 

「習い事、趣味が欲しかった」

 

 

なんていう理由も珍しくありません。

 

みなさん、それぞれの理由をお持ちです。

 

 

 

そして、ボイトレを始めるキッカケになった理由は、レッスンをスタートしてから進化する場合がよくあります。

 

 

 

特に・・・

 

 

「プロの歌手を目指している」

 

 

この、ボイトレをする理由は、いつしか進化する必要があります。

 

 

 

 

少し前になりますが、この春、「プロの歌手を目指している」高校生になったばかりの生徒さんから相談を受けました。

 

 

 

「こんなのあるんですが、出てみようと思ってます」

 

 

 

それは、【草津川跡地「de愛ひろば」で演奏してみませんか?】というもの。

 

 

完全無料で、歌う場所を借りられる。

 

 

もちろん、「出なよ!」と言ったのですが、段取り的なものがわからないのかもしれないと思い、色々とアドバイスしました。

 

 

でも、基本的に彼女が一人で探し、問い合わせ、交渉し、準備をしました。

 

 

そして、当日。

 

 

 

朝早くからの出演、広場に人はまばら。

 

 

 

 

彼女自ら、係りの人に声をかける。

 

 

簡単な打ち合わせ。

 

 

 

彼女は、自分のお客さん(お友達)をたくさん誘っていました。

 

 

ステージでは、今までレッスンでやってきた曲、新曲、合わせて3曲を熱唱。

 

 

パフォーマンスの出来や内容は、さておき・・・

 

 

 

僕は、彼女のとても大きな成長を感じました。

 

それは、「誰かに用意してもらったステージで歌う」という状態から

 

「自分で歌う場所を探して歌う」という状態になったということです。

 

 

しかも、たくさんのお客さんを自ら声をかけ、立派なLIVEとして成立させました。

 

これ以降、彼女は歌える場所を積極的に探し、良い演奏ができる準備をしています。

 

 

 

これで、彼女のボイトレをする理由は、

 

 

「プロの歌手を目指している」

 

 

から

 

 

「音楽活動に役立てる」

 

 

 

に、進化を遂げました。

(もちろん「プロを目指している」という理由は消えてません!)

 

 

 

彼女は、ボイトレをただ「受ける」ものから

 

「利用する」ものへ切り替えたのです。

 

 

 

「プロを目指す人」は、必ずこの進化が必要だと思います。

 

 

 

今回の、自発的な行動は、プロを目指しているのなら、当然のことかもしれません。

 

それでも、

 

彼女を中学生の時からレッスンをしている僕としては、小さいようで、大きな一歩、成長が本当に、本当に嬉しい!!

 

 

 

彼女の音楽活動が、今後さらにどのように発展していくのか。

 

これからも、サポートを続けたいと思います。

 

 

 

※ちなみに、これは「プロを目指している」生徒さんのお話です。

 ボイトレをするの理由は人それぞれ。

理由が違えば、進化や成長の方向は違います。

 とにかく、レッスンを楽しみましょう!

 それから、自分の変化、進化を楽しめたら最高です!

 

 

 

Written by 東幸太朗(校長)